必要以上に自分を責めないでほしい

実は妊活・不妊治療の真っただ中に言われるとあまり聞きたくないなという言葉があります。
それは・・・
「中々子どもが授かれないのは今までの食事や生活に問題があるからなんですよ だからそこを見なおしていかないと」と
言う言葉。

pixta_19594602_s

このセリフって健康系のセミナーをしたり、身体を整えることをメインにしているセラピストさんや施術家さんなら一度や二度は言ったことがあるセリフだと思います。
もちろん、私も
「妊娠の為には治療だけではなく、生活を見直したり 食事を整えることが大切です。」
というお話はさせて頂きます。

でも、今までの過去を否定し、責めてもそこは取り戻せません。
だから今後どうしていくのかが良いのかを一緒に考えていくことが必要

というのも私自身も、妊活・不妊治療を経験しています。
そして、あの時の生活や食事を振り返れば、妊娠できなくて当たり前だよなぁ~っていう生活をしていました。
でも、それはこうやって5年たった今だから当時を振り返って言えるのです。
あの当時に、真正面から正論をつきつけられても中々受け入れることは出来ません。
それは、過去の自分を否定し責める事にもなりかねないから。
自分を責めても何も前には進みません。

当たり前だけど、理想と現実は違います。
そして理想を追い求めすぎてしんどくなっている人もたまにみかけます。
理想は近づければいいけど・・・完璧にする必要はない。
〇〇じゃなければいけない
こう思ってしまうと逆にそれがストレスになってしまうよね。

理想の数値 理想の状態ってあるけど
それだけが正解でもなくて、それだけが答えでもない。
物事にはなんでも幅があるんだよね。
生理痛も頭痛もない方が良いにきまっているし、もちろんだけど鎮痛剤は飲まないに越したことはない。
でも、鎮痛剤飲んでいたら妊娠できないの?
そんなことないよね。もちろん必要ない身体に整えていく事は大事だけど、そこにばかり焦点を当てたらしんどくなる。
頭痛や生理痛が起きた時に自分を責めている事の方がよほど身体にストレスだと思うから。

「今まで食事には気をつけてなかったし、鎮痛剤も常用していたし、生活だって乱れていたし・・だから仕方ないんだよね」って過去を悔やんでも何も変わらない。
その時は、その時で目の前の事に一生懸命だったんだし、それがその時は必要なことだったはず。
だから過去を責めないでほしい。

全てを完璧にしなくても、理想通りにならなくても大丈夫
まずは、今できる事を一つ一つやっていってほしいなと思うのです。

1人ではどうしたらいいかわからに方は「妊活個別相談」で一緒に考えてみませんか。

募集中のセミナー

【妊活関連講座】
check* 一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング
check* 妊活・不妊治療中だからこそ知りたい『自分なりの妊活・不妊治療を進める方法』
(10月27日 大阪)
check* プロ向け 不妊治療の知識講座
(11月 12月募集中)妊活講座開催リクエストの詳細はこちら⇒妊活講座出張開催について

妊活関連講座は今後リニューアルします

【招致セミナー】
check* 開業届と確定申告セミナー 大阪 12月7日 12月14日開催
check* 長く事業を続けて行きたい人の為の価格設定セミナー  11月19日 大阪


出張・招致依頼大歓迎
お問い合わせはこちら  ⇒ 問い合わせ先


コラム執筆依頼 講演依頼 企業内で研修依頼も受け付けております

詳しくはこちら ⇒企業さまへ  妊活・不妊治療支援のご提案

広告