プロ向け講座 3日間が終了のご感想

10月からスタートした『妊活に関わるプロの方向け妊活・不妊治療講座』が基礎編・各論編・応用編の3回が終了しました。
6h×3日間 テキストは60ページを超える内容を学んで頂きました。

img_7831-1

量的にはこれが限界かな?という感じで、本当にめいっぱい詰め込みました。
そして、知識を得ただけで終わってほしくなくて、
『ここで学んだ事を今後どのように活かすのか』も応用編では一緒に考えて頂きました。
私が一方的に知識をお伝えすることは簡単です。

img_8014
でも、それを今後活かして頂かないと意味がない。
クライアントさんと向き合えば考えなければならないことはたくさんあります。
だからこそ、講座の中で少しでも考える時間を持っていただけたらと応用編ではワークも多めにしてます。

学んで終わりにしてほしくない。せっかくお持ちの技術をどんどん活かしていってほしい。
そんな風に思いながら講座を開催しています。
それと同時にバランスの良い感覚もあわせてお伝えできたらと思っています。

今回受講くださったタカラ整体院のまなみさんが素敵な感想をくださったのでご紹介させて頂きます。
(全文掲載許可を頂いております)

1受講動機
自分自身が不妊治療をしていて、病院では淡々と検査や治療が進められていく中で、大丈夫なのかな?とか先生に聞きたいけど、忙しそうだし聞いても分からないしというモヤモヤがある中で治療を進めていた時に、笛吹先生のカウンセリングを受けて、自分の状況や治療の話を聞いてもらった時に、すごく安心したので
誰に相談していいか分からずモヤモヤのままの人に、しっかり聞いてあげて、その方に合ったストレスケアや整体師としての施術をしてあげたいと思い講座を受けました。

2受講前に悩んでいた事はありますか?
不妊といっても、いろんなタイプがあって自分の施術でどうやってアプローチしていったらいいのか?
不妊というと、いろんな情報が多すぎるのと不妊の人にはこれがおススメ的なビジネスが多くなってきて、何を信じていいか分からなかった

3受講して感じたこと
難しい所も、とても分かりやすく教えてもらえて一日一日があっという間に過ぎ、もっと掘り下げて知りたいと思える講座でした。
笛吹先生の経験からこういう不妊の方には、こういう施術とか心のケアの仕方とか教えてもらえて自分の施術のアプローチ法が定まりました!!
ひとくくりで不妊という見方をせず、しっかりヒアリングしてから施術することの大切さを知りました。自分が不妊治療をしていたからこそ、わかる気持ちを施術やヒアリングに活かしていこうと思います!!

まなみさん 素敵な感想をありがとうございます。

まなみさんとのお付き合いは長く、女性ホルモン講座を受けてくださってからです。この講座の後にもっと妊活や身体について学びたいと言って頂いたのが実はこの講座をつくるきっかけにもなったのです。
ご感想に書いてくださったようにまなみさん自身も不妊治療経験者です。
だからこそ、妊活・不妊治療で悩んでいる女性になんとか手を差し出したいと施術を中心にいろんな取組をされています。

img_8019

今回の講座でも、整体師としてのまなみさんが出来る事、不妊治療という分野に任せなきゃいけないことは何かを常に考えてもらいました。
もう一度自分の技術の掘り起こしにもなったのではないでしょうか?
自分の施術がどこにアプローチしていて、その目的はなんなのか?
そこをきちんとお客様に伝えられることがすごく大事
(医師法 薬事法はきちんと遵守した上で・・・)

そして不妊治療と補完代替え療法・自然療法 どちらかを選ぶのではなく、両方の良いところをうまく活かす事
そして、来てくださる方の一番目指すところはなんなのか?を忘れない事
そう、治療方法にこだわる事じゃない。
我が子をこの手に抱くことなのです。
だかこそ、妊活に関わるプロの人間が変なこだわりを持ってはいけない。
あくまでも、中立の立場で接することが大事であることをお話しさせてもらっています。

実は、まだまだお伝えしたいことは山のようにあるのですが・・・
そちらは、また単発講座で開催させて頂ければと思っています。
プロ向けのこの講座を受講してくださった方には特別価格でご案内させて頂きます。
まなみさんありがとうございました。

プロ向けの不妊治療講座の開催日は掲載日時以外でもご相談可能です。
また、1ヶ月~3ヶ月と受講期間もご相談可能ですので、悩んでる方はぜひお問い合わせください。

募集中の講座
【妊活関連講座】
一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング
「病院では教えてくれない」 悩まない・頑張らない 妊活プログラム
プロ向け 不妊治療の知識講座(12月 1月募集中)
2月17日は東京で講座を開催します
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら⇒問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。
広告