『健診結果とセルフチェックから生活習慣病予防を学ぶ』健診結果の見方講座 基礎編

毎年義務のように受診している健康診断
要受診の結果が来ない限り特に数値も見ずに放置していませんか?

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

時間を割いて受診している健康診断
本当に具合が悪くなってから病院へ受診するのではなく
自分の健康の為の予防に健診結果を役立てませんか?

身体の仕組み、病気になるメカニズム、それらを引き起こす要因
これらを知ることで病気を未然に防ぐためには何をするべきかがおのずと見えてきます。

基本をしっかりと理解していれば、健康の流行に踊らされることなく、
またストイックなほどの食事改善や生活改善は不要です。

押さえるべきところを押さえて、もっと楽に自分自身の健康管理をしませんか?

こんな方にお勧めです

・健診結果を理解して自分の健康に役立てたい
・病気と生活習慣と検査値の関係を知りたい
・メタボリック症候群が気になる
・コレステロールや血圧が高め
・アルコールや脂っこい食べ物や甘い食べ物が好き
・ついつい塩分過多の食事をしがち
・身内に脳梗塞や心筋梗塞になった人がいる

・病気になる前に自分で出来る予防方法を知りたい
・家族の健診結果の数値が気になる
・毎年健診をきちんと受けていても病気になる理由が知りたい

実は健康診断の結果は、自分の身体の健康状態や将来かかるかも知れない病気を予測出来るデーターの宝庫です。
各検査項目の意味や数値を理解することで、自分で自分の健康を管理できるツールになります

img_8975

『健診を受けて、わざわざ病気をみつけに行く必要はない』
たまにそんな話を耳にしますが・・・
実はそれは健診結果の本当の活かし方を知らないからなのです。
各検査項目の意味 数値の捉え方を知っていれば
充分に予防医学に役立てられるのが健診なのです。

私自身、臨床検査技師という国家資格を持っています。

身体の仕組みはもちろんですが、検査数値からも見る様々な病気や疾患を学んできました。
そのおかげもあり、一時的に生活習慣や食習慣が乱れても健康診断でひかかり病院に行く事はありませんでした。

img_9553

これは私の健診結果です。
実際にこちらを読み解いた記事はこちら⇒健診結果を読み解くことでわかること

健診結果が手元に戻ってくるたびに数値の変動を必ずチェックし、異常値の方に振れかけているものに関してはその段階で食事や生活の見直しで対処してきました。
主人も同様でした。一時期は仕事の忙しさから食事が手抜きがちでいくつかの項目で基準値をはずれかけましたが、健診結果をもとにすぐに食事の見直しを行った結果以前の数値に戻ることが可能でした。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

私自身学生の頃から健診という分野をうまく活かせば『予防医学』という分野に活かすことが出来ると感じ、卒業後は検査・健診センターに就職をしました。

しかし、残念ながら現代の健診事業ではまだまだ検査結果を広く予防医学という分野で役立てられている状況ではありません。
特定健診がスタートはしているものの、すべての人が対象ではなく
自分で自分の健診結果について学びたい人が学べる環境にはまだまだなっていません。
その為かまだまだ
『健診=早期発見=治療・薬』のイメージが強く、
本来服薬ではなく生活習慣の改善等によって見直せる部分にも薬が多用さえている感は否めません。

本来、健診には
①早期発見・早期治療を目的とするものと
②データーの変動にいち早く気づき、生活や食事の改善で病気になる前に手を打つという
2種類の目的があります。

img_8976

しかし残念ながら多くの人は、数値が正常値から大きくはずれて服薬・治療という選択肢のみを求めて病院に行く人がほとんどです。
薬はあくまでも数値を正常値にコントロールしてくれる対処薬であり根本の解決にはなりません。

とはいえ、ではすべての項目・結果で通院や服薬は不要なのか?といえば
残念ながらそうはいきません。
やはり健診結果においては一度きちんと病院で精密検査・治療を受けることも必要。
そんな見極めのポイントもきちんとお話しさせて頂きます。

講座で学べること

講座内容
・健診の特性(なぜ過剰診断のイメージがあるのか?等)
・健診結果の本来の活用方法
・健診の読み解きでわかること
・生活習慣病について
・動脈硬化のメカニズムと病気リスク
・生活習慣の見直しで予防できる項目と緊急性のある項目の見分け方について
・メタボ健診の本来の意味
・高血圧、脂質異常、糖尿病と生活習慣について
・その他検査項目について
・自分で出来る生活改善について
・各疾患の発症のメカニズムと原因

img_9648

またどのような食事や生活が各項目に影響を及ぼすのかも、チェック表を使ってみていきます。
このチェック表は自宅に帰られてから数値やチェック項目を埋めていただくことで、
取り組まなければならない生活改善がわかるようになっています。
(講座終了後にPDFでファイルもお送りしますので、この先ずっと健康管理に使っていただくことが可能です)

 

また、講座では最新の基準値や情報をガイドラインを元にお話しさせて頂きます。
コレステロールや血圧においては、
検査結果値がもっと高くても大丈夫などという投稿もみかけますが、
必ずしもみんなが高くてもいいわけではありません。
それらも実はきちんと参考となるガイドラインがあります。
ただ、基準値内・外だけをお伝えするのではなく、
基礎疾患の有無で見方がかわってきたり、負荷試験の結果の見方などもお話しさせて頂きます。

ここ数年『毎年健診に行っていたのに癌になった』そんな話をニュースでも身近でも耳にすることが増えました。
残念ながら健診は結果であり、その後1年の健康を保証するものではありません。
だからこそ、健診結果を自分できちんと理解し生活や食習慣の見直しをすることが必要になってきます

健診の結果は万能ではありません。
だからこそ、1回の健診結果で一喜一憂するのではなく冷静に数値を見極められる力を身に着けてほしいと思います。

世間では『わざわざ健康診断を受ける必要はない』などの本やSNS上での記事を多く目にすることがありますが、それは『健診結果=病院・薬』になっているから。
そうではなくご自身の健康管理・家族の健康管理に健診結果を役立ててみませんか?

今までの開催レポ

 

健診結果は経年でみて予防に活かしてこそ価値がある「4/17日開催 健診結果の活かし方講座」開催レポ

【開催レポ】正しい仕組みを理解する大切さを知った「健診データーの活かし方講座 基礎編」

こちらの講座では検査項目や数値の意味から自分や家族の健康管理の仕方や予防医学について学ぶものであって、
検査結果から診断や健康指導を行うものではありませんのでその点をご了承ください。

お申込み詳細

日時
12月13日(水) 14:00~16:00  京都
02月28日(水) 14:00~16:00  京都
03月22日(木) 14:00~16:00  京都
04月20日(金) 14:00~16:00  京都

場所
京都市内 四条周辺 滋賀:草津周辺

会場はお申し込み後ご連絡します

受講費
8800円
事前振込となります。振込手数料はお客さまの方でご負担お願いします。

持ち物
筆記用具

お申し込みはこちら

https://ws.formzu.net/fgen/S54962679/

講師
臨床検査技師

笛吹 和代(うすい かずよ)

055

「Woman Lifestage Support」主催
自分の妊活及び不妊治療のきっかけに健康や身体について再度学びなおし、健康管理や身体に関する幅広いセミナーを開催。
また、妊活・不妊分野を始め身体や健康分野に関わる専門家向けの講座や勉強会を開催。
臨床検査技師として検査センター勤務・製薬会社で品質管理業務を経て、
化粧品メーカーで品質管理業務、開発業務、薬事業務、従業員教育など幅広い業務を経験
微生物を専門とし様々なプロジェクトにも携わる
2011年不妊治療に専念する為に化粧品メーカーを退職
翌年男児を出産

「学ぶことが自分の未来を決める選択肢になる」

学ぶことは財産になる。
一度学べば、それは一生自分のものになる。
学ぶ事で、守れるものがある、選べるものがある、自分の味方になるものがあると信じ、
自分で自分の未来を選ぶ為に、身体のこと、健康の事、妊娠の事 不妊の事 食の事 環境のこと 化粧品のことなど様々な知識が学び続けられる場を提供している。

注意事項
お申し込み後すぐに自動返信メールが送信されます。
自動返信メールが届かない場合は、一度ご自身のメール設定をご確認ください
よろしくお願いします。
原則お子様は預けてのご参加をお願いします。

キャンセルポリシー
●当日より10日前までのキャンセルは全額返金いたします。(振込手数料差引額)
●当日より9日~3日前までのキャンセルはセミナー開催費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金いたします。(振込手数料差引額)
●開催前々日、前日および当日のキャンセルはキャンセル料が100%発生します。
●お振込みをされていない場合でのキャンセルもご入金頂くことになります。

振替が可能です。一度ご相談ください。

広告