2016年の妊活を振り返る

2016年 1年間
様々な情報が「妊活・不妊治療」という分野でも飛び交いました。

当事者やこの分野に関わっている人でなければ気づきもしない。
もしかしたら目にさえとまらない。

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

画期的な技術情報は大きく取り上げられます。
でもその真意までは中々伝わってこない。
またもっと知ってほしい情報は小さくしか扱われない
そんな事を感じた1年でもありました。

今年1年の妊活情報
記憶(記録)に残っている分だけですが、簡単にご紹介させて頂きます。
今後の、妊活・不妊治療を考えるヒントになればと思います。

・未受精卵の凍結卵子を用いて出産
・卵子にミトコンドリアを移植して体外受精に成功

技術的な面の進歩として大きく取り上げられた内容でした。
1つの可能性を見出した反面、実際の成功率は通常の体外受精の成績を超える事はなく
まだまだ慎重に見極める必要性のある内容だとも…
(詳しくはまた記事にしていきます)

・不妊治療に関わる保険を販売
これはすでに5年前に言われていた内容なのですが…
ようやく、不妊治療に関わる保険が販売されました。
ただ、残念ながら通常の医療保険ほどの手厚い補助があるわけではなく、あくまでも女性疾患保険に付随したものという感覚も・・
ここは今後保険のプロの方にもう少し詳しくお話を聞いてみたいと思ってます。

・大手企業で2017年から不妊治療休暇を導入
・政府主導で2017年より企業に対しての不妊治療と仕事の両立に関する調査が開始
 2018年以降の制度制定に向けて動き始める

今までベンチャー企業や一部の企業で導入されていた不妊治療に関する休暇や支援
いよいよ大手企業でも導入の方針が固まったようです
大手企業で導入となれば、社会全体の流れも変わっていくのではと期待がある反面
どれだけ当事者の声をくみ上げた制度が社会として出来てくるのだろうか?
というそんな不安も感じます。
形だけの、上だけが決めた制度にならない事を願うばかりです。

ただ、やはり働いている女性に「妊活・不妊」に関する知識を届けたい
そんな声を当事者だった方からはよく聞きます。
知っていたら、少しは違ったかも?しれない
だからこそそういう声を届けていく事も必要なのではないかな?と

・不妊で悩むカップルが5人に1人の割合に
年々不妊で悩むカップルは増えていく一方
方やサポートはまだまだ追いついていないのが現状かな?と
まずはこの割合を10人に1人まで減らす為に出来る事はないか?
必要な人に必要な情報を届ける為に出来る事は何か?を考えていく必要があるなと。

多分調べたらもっとたくさんのニュースが飛び交っていたと思います。
これらはあくまでも私の目に飛び込んできた大きなニュースです。

2017年はもっと一人でもたくさんの方に、
様々な必要な情報を発信できるように、
直接ああってお伝え出来るように頑張っていきたいと思います。
どうぞ2017年もよろしくお願いします。

Woman Lifestage Support 代表 笛吹 和代

妊活ブログはこちら
『現代女性の妊活は簡単じゃない』
妊活情報をメインに健康情報や身体やマインドの話も書いてます

LINE@してます。
よかったら登録してください。
検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座
【妊活プロジェクト】
一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング
「病院では教えてくれない」 悩まない・頑張らない 妊活プログラム
プロ向け 不妊治療の知識講座(開催リクエスト受付中)
2月17日は東京で妊活1Day講座を開催します
【身体トータルプロジェクト】
健診結果からわかる自分の健康の守り方
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら⇒問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。
広告