こだわりすぎないことも必要

健康を意識していたり、妊娠を意識していたりすると…
ついつい「ダメ」に目が行きがちになることも。

pixta_19594602_s

かくいう私もそんな時期がありました。
・外食はダメ
・コンビニ・スーパーのお惣菜もダメ
・添加物ダメ
・お野菜やお米は無農薬のみ
・お肉も卵もホルモン剤・抗生物質不使用のみ
・珈琲ダメ
・ジュースにお菓子もダメ
・砂糖ダメ 小麦ダメ
・石油製品ダメ
・鎮痛剤ダメ 薬ダメ
・電子レンジダメ
・F1のお野菜ダメ

あげだすとキリがありません。
ダメなものに目が行くと、みんなダメに見えてくる。

そして次に縛られるのが「〇〇でなければならない」という感覚。

○○はダメ そして〇〇でなければならない
この感覚に縛られすぎると、人は苦しくなります。

もちろん楽しんで出来る人
こういう事が好きな人はそれでOK

でも、健康の為に、妊娠の為にってガチガチになっているなら、
ちょっとやめてみませんか?
自分の好きなようにやってみませんか?
自分の心地よい加減を探す事も大事。

確かに、身体によくないことを毎日続けるのはお勧めしません。
でも、とらわれすぎるのはもっとよくない。

特に不妊で悩んでいる場合は自分の生活を責めがちです。

確かに今の社会
何かを足すより、身体によくない事をやめた方がいいことがいっぱいあります。
だから、私も含めこういう健康系のセミナー講師は避けた方がいい事を
ついついメインでお話しします。
そうすると、びっくりするぐらい自分の生活のダメなところが浮上してきます。
(それに気づいてもらう事も講座の一つの目的だったりするからね)

でも、ここで気を付けてほしいのは、だからといって無理して頑張らない事
そして出来てなかった自分を責めないでほしい

自分がやっていて負担にならないこと、ストレスにならない事を続けたらいいだけ。

例えば…
鎮痛剤をやめれる生理痛もたくさんあります。
私もまったく飲まなくなった一人ですし、私の周りにもそんな人がいます。
でも、かなりひどい子宮内膜症を抱えているのに、
いきなり鎮痛剤やめる事なんてできませんよね。
というより、勝手な判断で止めないでください
そういう意味ではピルも同じ。
必要があって処方されている薬もあります。
薬=悪いもの
最近ますますそんな風潮になっているのがちょっと怖かったりします。
本当に必要かどうか?自分の身体ときちんと向き合う事がまずは必要。

原因を取り除くことが出来るものは、
原因を取り除き薬を不要にすることは凄く大切。
そもそも薬って個人の判断むやみやたらに飲むものではないもののはず。

でも、そうじゃない薬があることも知っておいてほしい

そもそも子宮内膜症って諸説色々ありますが…
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6009-257.pdf
諸説は上のURLを参照してください

まだまだ原因不明な部分も多い疾患です。
だからこそ、発症してしまっている場合は適切な処置が必要だったりします。
だからこそ一つの情報にこだわりすぎず、
自分に必要な事は何か?
自分の負担にならないことは何か?
自分が楽しく続けられる事は何か?
そんな見極めも大切になってくるのではないかな?と思います。

こちらの講座では
3ヶ月で妊娠に近づく 「病院では教えてくれない」悩まない妊活プログラム
生活に取り入れられる事をおひとりおひとりにアドバイスしながら、3か月間講座を進めていきます。

LINE@しています。
講座先行案内やちょっとした気づき、つぶやきを配信してます。
検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

3月8日南草津開催 「失敗しない!!米粉でつくるパン教室」 現在募集中

募集中の講座
【妊活プロジェクト】
妊活・不妊治療の不安を軽減し、妊活を楽に進める方法を提案『妊活個別サポート』
3ヶ月で妊娠に近づく 「病院では教えてくれない」悩まない妊活プログラム
ワンランク上の妊活サポートを提供したいプロの為の妊娠・不妊治療講座2月17日は東京で3月は大阪で開催します
「自分に必要な選択肢を知ることでもっと楽に妊活が出来る」妊活メソッド

【自分の身体を知る】
自分の身体と向き合うきっかけになる「健診結果から読み解く自分の健康の守り方」 
3月は名古屋 東京で開催します。
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら⇒問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。

広告