健診結果を読み解くことでわかること

健診結果が手元に帰ってきたら何を確認していますか?

a1adb738367f8586a22545d40e7cf4e1_s

多くの場合健診結果の「A判定」「B判定」…
ここの文字だけを見て終わっている人がほとんどじゃないかな?
と思うのです。
ひどい場合、封筒すら開封しない
そんな人もいます。

でも健診結果は自分の健康状態を知る為の大切な身体の情報が詰まっています。
ぜひ、きちんと数字を読み解いてほしいと思うのです。

高血圧も、糖尿病も、心筋梗塞も、脳梗塞も、肝臓の異常も…
いきなりなるものではありません。
長い年月の食事や生活習慣の積み重ねが引き金になって起こる病気です。

数値を読み解くことで
数値と向き合う事でわかることがあります。

例えばこの結果

img_9553
(これは私の会社員時代の健診結果です)
あまり大きな変動はないので、例としては面白くないのですが…
見てほしいのがLDLコレステロールの増加
(もともと高めですが…)
基準値内だから大丈夫と捉えるのか?
それとも増加傾向にあるから、なんでだろう?と考えるのか?
そこに気づくだけでその後の健康管理に差が出てきます。

ちなみに、ここには載せられませんが(笑)
この1年で体重も増加しています。
そして生活習慣を振り返ると、外食やコンビニ食が増えています。
そして通っていたヨガを辞めているので、運動習慣がなくなっています。

LDLコレステロール増加の原因には運動不足や高カロリー食があげられます。
自分の生活を見直すとそのまま当てはまります。
もちろん何もあてはまらない ただの生理的現象の場合ももちろんありますが…
私の場合は食生活と運動習慣の変化があった事を踏まえてと考えると…
基準値内でも同じ生活をしていたら、このままLDLコレステロールが増加する可能性があり、
動脈硬化などのリスクを抱える事になります。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

私の場合は中性脂肪が増加傾向にないので、
まずは運動不足解消と高カロリーな食事の見直しが必要になってきます。
(ちなみに中性脂肪が増加傾向にある場合は、糖質の取りすぎを見直す事が大切です)

という風に読み解くことが出来ます。
読みようによっては中性脂肪が下がっているから、高カロリー食の栄養不足なんていう見方も出来ます。
(多分…カロリーだけあって栄養のないものを食べていた時期)

数値の変動を見る事で、自分の食事や運動習慣の見直しが可能になり、またまず最優先で取り組むことは何か?が明確になります。

私は食に気を付けているから大丈夫
私は毎日運動しているから大丈夫
だから健診なんて受けない

そういわれる方もおられます

でもその食事の仕方あっていますか?
その運動方法、効果が出ていますか?

特に食事は自分に合わない方法を続けていたり、間違った方法で取り組んでいると
数値として現れてきます。
(誤った糖質制限で中性脂肪の増加が先日ネットで紹介されていましたが…)

健診結果を読み解くことは、様々な病気の前兆に気づくことはもちろん
その食事方法や運動が自分にあっているかどうかを見極める
そんな役目も担っています。

講座内容も少しリニューアルして、チェックシートを使いながら
知識だけではなく実際に自宅ですぐに自分でチェックできるようにしていきます。

5月2日 京都
5月29日 大阪
6月2日 東京
で「健診結果の見方講座」開催します。

ぜひ健診を受けて終わりではなく、自身の健康管理に役立てたい方の受講お待ちしてます。

LINE@しています。
現在120名以上の方が登録くださっています。

健康管理のこと、身体の事、妊活・不妊のことつぶやいています。
最近は微生物ネタも
よかったら登録お待ちしています。
講座の先行案内もこちらから配信
検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座
一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング
自分の健康管理の方法を知る 健康診断の活かし方講座 基礎編 
5月2日 京都開催 5月29日 大阪開催 6月2日 東京
受診して満足しないがん検診とがん発生要因から考える生活の在り方講座

5月2日 京都 5月29日 大阪 6月2日 東京
妊娠・不妊治療について学びたい専門家の為の「これだけは知っておきたい、妊娠の機序からみる不妊の原因と最新不妊治療情報」1Day講座
5月31日 大阪
専門家向け各種勉強会の案内
5月24日 子宮とそれらの薬について 6月7日 不妊治療について
6月28日 健康系や美容系のお仕事に関わる法律について
【招致セミナー】
食べる断食デトックスベジ講座 5月13日 大阪 残4席
その他講座案内はこちら⇒講座案内
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら⇒問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。
広告