コラボ講座第1弾 「大切な命を守る為にも知っておきたい健康情報にふりまわされないコツ」

物事にはなんでもメリット・デメリットがあり、
他人に会うものが、必ずしも自分にとって最適な選択肢ではありません。

何事においてもそうですが、特に健康や身体に関わる物事においては
様々な面から考えて、選ぶことが必要だと思っています。

〇〇さんがお勧めって言っていたから…
ネットに書いてあったから…
〇〇って決めているから…

実は深く考えずに物事を選んでしまっていること、
必要以上に一つの考えに固執して選択していることありませんか?

5709a48afe599be99e04604db2faafa8_s

また、命に関わる事なのに…
他の情報ばかりが入ってきて肝腎な情報が手に入りにくい。

インターネットを調べれば、書籍を読めば、
必要な情報はほとんど手に入ります。
でも実は『自分が調べたい情報だけを手に入れている』だけだったりすることも…

自分で選んでいるつもりで、実は選ばせられていることも…

またここ数年で…
薬や病院に頼ることなく、自然治癒力や自然療法にまかせる人が増えて来ました。
それ自体はとても良い事だし、
これからもどんどん広まっていってほしいなと個人的には思っています。

しかし、それが行き過ぎて根拠のない健康情報が流れていたり、
身体の仕組みからみて??って思う情報が多いのも事実。

自分たちで健康情報や様々な療法を選択できるのは、
基本的な医療や医学の基礎知識があるからこそ出来る事。

・その健康情報の真偽が見極められる力
・病院・薬が必要になるタイミングを自分で線引き出来る力
・絶対に抑えておかなければらならないアレルギーや食中毒の基本を知っていること

正しい医学的な知識を持たずに、ネットや口コミの情報に飛びつくことで、
健康の為と思っていたことが、逆に健康を害したり、最悪の場合は命に関わることも…

そうならない為にも、押さえておくべきところはしっかり押さえたうえで
自分にあった健康法や健康管理を行ってほしいなと思います。

『命や健康に関わる事だからこそ、伝えるべきことはきちんと伝えたい』

そんな私の思いに賛同してくださった、
普段は予防医学や、お薬や病院に頼らない健康管理
子どもの発達にあわせた食の指導を行っている、
私を含めた4名の講師の方々にお願いして、健康や医療に関わる講座を開催します。

img_9128

こちらは第1弾の講師のお二人

7月4日は第1弾
看護師でもあり、予防医学の食育を伝えている牧香奈子さんと
薬剤師でもあり、ホメオパシーや自然療法を伝えつつ、身体の中からの治る力を引き出すサポートをされている月岡しのぶさんに講師をお願いしています。

7月04日 AM『その健康情報本当に大丈夫?』
講師:看護師 牧 香奈子さん

12065973_719843304817542_4941403938473323686_n

ちまたにはたくさんの健康情報があふれかえっています。
しかし残念ながらその情報の信ぴょう性は??
本当に大丈夫??と思うものも少なくありません。
場合によっては健康被害を及ぼす可能性のある情報も…

なぜ?健康ってブームがあるのでしょうか?
本当に身体にいい事、健康にいい事なら、流行り廃り関係なく定番となっていくはず。
しかし、残念なことに健康ブームも流行っては消え、流行っては消えの繰り返しです。

盛り上がる時は大きく騒がれますが…・
廃る時は静かに消えていきます。
そして、気づけばいつの間にか消えてなくなっている。

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

本当の身体の仕組みをしっていれば、
手を出さないのにと思うものすら、残念ながらあります。
良いと信じたもので身体を壊したり、病気になってからでは遅い

今は特に健康被害が出ていなくても、
10年後20年後どうなっているかは誰もわかりません。
誰もそこまでモニタリングしていないのが事実だったりします。

だからこそ、巷の健康情報を正しく見極めることが自分の身体を守る為には必要になってきます。

講座内容
〇免疫ってなに?
・免疫細胞が腸でつくられているという勘違い
・免疫細胞をつくる工場は〇の中にある
・免疫細胞の種類と働き
・免疫と腸の本当のしくみ

〇糖質制限ってどうなの?
・糖質ってなに?
・GI値とインスリン
・糖尿病増加の原因
・なぜ糖質制限が流行るのか
・糖質制限するメリット・デメリット
・血糖コントロールのコツなど…

〇食品編
・特定保健用食品はカラダにいいのか?
・生きて腸まで届く乳酸菌は実在するのか?
・甘酒は本当に飲む点滴なのか?
・手作り酵素ドリンクは健康にいいのか?

講師の牧香奈子さんは『0歳からの予防医学』を伝えておられる
予防医学の食育講師であり、現役の看護師さんです。
ガン治療の現場を長年経験し、だからこそ予防医学の必要性を伝えたいと
講師活動をされています。

16427506_973080756160461_6316858107753898613_n

講師活動をしながら日ごろ疑問に感じていたのが
ちまたにあふれている様々な健康情報。
基本的な医学知識を持ち合わせていたら、選択しないような事が当たり前に選択されている。
そんな話をかなこさんとお話ししている中でこの講座が産まれました。

医学というのは日進月歩です。
しかしながら、その新しい医学情報が確実に根付くのには10年単位で歳月を要します。
たくさん、この世から消えてしまった情報をかなこさんも私も知っています。

だからこそ、ブームになるような健康情報に怪しさを感じるもの事実です。
本当にその情報は正しいのか?
裏に何かが隠れていないのか?

健康情報は時にして損失が「お金」だけで済まない事があります。
誤った健康情報に振り回された結果、健康まで害してしまうことも。

だからこそ、みなさんに巷で流行っている健康ブームに振り回されないような
情報や知識を持ち帰って頂ければと思います。

7月4日 PM 「本当に自然療法だけで大丈夫?知っておきたい医療と自然療法の線引き」
講師:薬剤師 月岡しのぶさん

15326362_1147491458632325_5554153158712383052_n

ここ数年、「薬を使わない」・「病院にかからない」という選択肢が広く知られるようになりました。

確かに人には「自然治癒力」というものが備わっています。
だから、ちょっとぐらいの症状や熱なら寝ていればなおることは往々にしてあります。
実際我が家もほとんど病院にも行きませんし、市販の常備薬もありません。
でも、本当に必要な時は病院にも行きますし、薬を飲むという選択もします。

この線引きって実はとても大切です。
「薬は身体によくない」「病気は寝ていればなおる」
この情報に縛られすぎて、必要以上に薬や病院を敬遠している人をみかけます。

しかし、時にして薬で今出ている症状をまずは抑えてあげる事が必要な時もあります。
熱が長引けば、長引くほど…
身体は抵抗力を失います。その為2次感染と言ってまた別の感染症にかかってしまうことも。

また、急性症状の場合はすぐに病院に行って適切な処置をしてもらわないと命に関わることも。
蕁麻疹や下痢などもその一つの例です。
自宅で様子を見れる場合と、すぐに病院にかかった方がいい場合があります。

全てが自然療法で対応できることばかりではありません。

自然療法を取り入れるなら、医療が必要なタイミングをしっかりと見極められる力が必要になってきます。
今回はその線引きを、薬剤師でホメオパシーを学び、自然療法にも詳しく、家庭でも取り入れられている月岡しのぶさんにお話しして頂きます。

17800340_1269095333138603_3972201200461838199_n

しのぶさんやお子さんの経験を通しての様々なお話もして頂く予定です。

講座内容
・そもそも、なぜ、すぐ病院へ行くようになったのか?
・薬を飲むのは悪いこと?
・すぐ病院へ行くべき時
脱水、チアノーゼ、呼吸がおかしい等
・病院へ行った方がいい時
熱が3日以上続く、怪我して血が止まらない、広範囲の火傷等
・お手当でも構わないが、注意も必要なこと
湿潤療法、流行性感染症、肌荒れ
・蕁麻疹とアナフィラキシーについて

健康や身体に関することは、時にして「命」にかかわる事にもなってきます。
だからこそ、ひとつの情報や方法に固執することなく
必要な時には必要な選択をすること、
様々な健康の流行を正しく見極める力が必要になってきます。

ぜひこの機会に、たくさんの方に学んで頂けたらと思います。

お申込み詳細

日時
7月04日(火)10:30~12:00 その健康情報本当に大丈夫?
13:30~15:00 知っておきたい医療と自然療法の線引き
16:00まで 質疑応答

場所
大阪駅前徒歩10分ほどの会場 お申し込みの方に詳細はご連絡します。

受講費
各7560円
事前振込となります。振込手数料はお客さまの方でご負担お願いします。

持ち物
筆記用具

お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S11630238/

注意事項
お申し込み後すぐに自動返信メールが送信されます。
自動返信メールが届かない場合は、一度ご自身のメール設定をご確認ください
よろしくお願いします。
原則お子様は預けてのご参加をお願いします。

キャンセルポリシー
●当日より10日前までのキャンセルは全額返金いたします。(振込手数料差引額)
●当日より9日~3日前までのキャンセルはセミナー開催費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金いたします。(振込手数料差引額)
●開催前々日、前日および当日のキャンセルはキャンセル料が100%発生します。
●お振込みをされていない場合でのキャンセルもご入金頂くことになります。

 

広告