私の仕事遍歴⑤「私にとっての化粧品とは?」

治験業界での転職を模索しつつ、
ふと目に留まった「化粧品 品質管理 微生物業務」の文字

臨床検査技師の仕事はしていなかったものの、
一生「医療」という分野で生きていくと思っていた自分にとって
思ってもみない選択肢の出現でした。

とはいうものの…
全く化粧品業界に興味がなかったのかいとえば実はそうではありませんでした。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

私は幼少期からアトピー性皮膚炎で、常に塗り薬が手放せない状態でした。
ステロイドやその他の塗り薬を常に使う
そんな子ども時代を過ごしていました。

また、アトピーだったからなのか?
ステロイドを長い間使用していたからなのか?
それともそういう体質だったのか?
今となればどれが最初なのかはわかりませんが、
非常に肌が弱く、化粧品にかぶれるそんな子どもでした。

今でこそ、特に目立った症状は出ていませんが、
少し油断するとすぐにかぶれたり、蕁麻疹が出たりします。
今は自分に合うもの、合わないものを把握しているので、
自分の肌とうまくつきあってはいますが、
何度も酷い肌あれやアレルギーを経験しています。

そんな私ですが、もちろん年頃になれば化粧に興味を持ち始めます。
今でこそ、コスメは裏を読まなければ買いませんが…
当時はあれこれ、雑誌やCMで話題になっているコスメを使っていました。
特に大学生だった頃はひどく、
常にニキビと目の周りのかゆみと乾燥に悩まされていました。

0b4d698786e2034f6caca003c610b247_s

そんな私を救ったのが適切なお手入れ方法を教えてくれた
化粧品カウンターの「先生」と呼ばれる美容家の方でした。
あれこれ勧めるのではなく、
ただ一つ「メイクをしっかり落とす」ということだけを教えてもらいました。
そして、きちんとメイクを落とす事を続けていくうちに
あれだけ酷かったニキビが落ち着いていったのです。

化粧品は効果効能は謳えません。
それでも化粧品の正しい選び方・使い方をしれば
「肌を守ることが出来る」という事を学び、
逆に、誤った使い方や自分の肌に合わないものを選べば
「肌の健康を損なう可能性がある」という事を知ったのもこの時です。

私にとって化粧品は「美容」の為ではなく、
自分の肌を「健やかに保つ」の為のものという考えです。
本来あるべき肌の力をサポートするのが化粧品だと思っています。

前職の化粧品メーカーは「美」を目的にしたものではなく
化粧品トラブルに悩んだ方の「不の解消」を目的にしていたのも
私にとっては入社の決め手となりました。

化粧品・サプリメント
医療の分野とは違う形で、「健康」というものに関わっていこうと入社を決めました。
また、今まで積み重ねてきたものを活かす事が出来、好きな微生物も続けていける
そんな思いもありました。

2005年11月 3年3ヶ月勤めた製薬会社での派遣を終了し、
化粧品メーカーへと入社をします。
これが最後の転職と自分の中で決めての転職でした。

LINE@しています。
現在150名以上の方が登録くださっています。

健康管理のこと、身体の事、妊活・不妊のこと
最近は微生物ネタもつぶやいてます。
講座の先行案内もこちらから配信しています。
検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座
一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング
自分の健康管理の方法を知る 健康診断の活かし方講座 基礎編 
5月29日 大阪開催 6月2日 東京開催 6月21日 京都開催
受診して満足しないがん検診とがん発生要因から考える生活の在り方講座

5月29日 大阪 6月2日 東京開催 6月21日 京都開催 
身体を守る為にはまずは知ることから 意外に知られていない肝臓・腎臓・膵臓・胆のうの役割と病気から守る為のポイント

6月16日 大阪開催 残4席
妊娠・不妊治療について学びたい専門家の為の「これだけは知っておきたい、妊娠の機序からみる不妊の原因と最新不妊治療情報」1Day講座
5月31日 大阪
専門家向け各種勉強会の案内 最終開催
6月7日 不妊治療について
【招致セミナー】
失敗しない!!米粉でつくるスイーツ講座 6月08日南草津開催 満席
その他講座案内はこちら講座案内
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。
広告