7月7日 微生物講座・女性の身体と不妊に関する勉強会 沖縄開催のお知らせ

7月7日 沖縄で2種類のセミナーを開催します

AM 「身の回りの微生物講座 入門編 本当に必要な消毒・殺菌・微生物対策とは?」
PM 「女性の身体と不妊治療に関する勉強会」

AM 身の回りの微生物講座 入門編 本当に必要な消毒・殺菌・微生物対策とは?

「発酵 常在菌ブーム」「除菌・抗菌ブーム」相反する2つの微生物ブームが世間を賑わせていますが…
正直、どちらも??が多いのが事実。

必要以上の除菌・抗菌は必要ありません。
でもだからといって、どこでも微生物を増やしてもいいわけではありません。

592174

「微生物はバランス」
良く聞く言葉ですが、バランスをとるのは身体に存在する微生物だけです。
でも、身体ならどこにでも微生物がいてもいいわけではありません。
一般的に良いと言われる「善玉菌」なら無数に増やしてもいいわけでもありません。

そして当たり前ですが・・・
微生物を増やしてはいけない場所や物があります。
それらを知らないと時にして微生物よって健康被害をこうむることもあります。

発酵食品ブームも同様
正しい微生物制御を知らなければ、発酵のつもりが腐敗になることも。
様々な場所で微生物が有効活用されています。
だからこそ、微生物の怖さが薄れてきているのも事実。
発酵食品や洗剤などの有用微生物は腐敗する菌に汚染されないように
きちんと条件を整えて活用されているのです。
それらの違いを知らなければ時にして、健康被害にすら結びついてしまうことも・・・

0613f0effd2d6976033855f23e5b82ae_s

だからといって過剰な消毒・除菌・抗菌も不要
正しい、微生物制御をしれば様々な除菌・抗菌用品に振り回される必要はなくなります。

我が家にあるのはエタノールのみ。
それ以外の除菌剤、抗菌剤は一切はありません。
とはいえどこでもエタノールを振りまくのかといえばそんな事はありません。
必要な時にしか使いません。

エタノールも使用方法や使用条件があります。
それらを守らなければ微生物の消毒としては意味をなしません
(お掃除に使うのは大丈夫ですよ)

それに微生物制御では消毒薬を使うのは最後です。
家庭では増えた微生物を薬品や熱で死滅させることほど難しいものはありません。
なので基本は「持ち込まないこと 増やさない事」
講座ではそこらへんのコツもお話しさせていただきます。

19141929_1058423300959539_420820467_n

微生物の基本を知れば、むやみやたらに除菌・抗菌グッズを購入することもなくなります。

そして、沖縄特別バージョン
化粧品と微生物のお話もします。
・なぜ?市販の化粧品には防腐剤が入っているのか?
・本当に手作り化粧品は安全なのか?
・防腐力の弱い化粧品、使い方を間違えると怖い微生物汚染
・ナチュラル化粧品だからこそ、容器が大切

湿度、気温と実は微生物の繁殖条件がそろってる期間が長い沖縄
だからこそ、身の回りの微生物制御をしっておくってすごく大切です。

講座内容
・微生物とは?
・微生物ってどこに存在している?
・常在菌・発酵・腐敗 微生物用語の本来の意味は?
・微生物って増やしてもいいの?
・微生物汚染で健康被害に合わない為には
・微生物の増殖条件は?
・微生物を増やさない為には?
・食中毒対策について
・ちまたにあふれる除菌・抗菌グッズについて
・化粧品を微生物汚染から守る為には

関連記事
この時期にノロ感染??

新大阪開催レポ
【 全国ツアー決定か!?身の回りの微生物講座 】
【追記】おにぎりは素手で握っていいの?【身の回りの微生物講座】

PM 女性の身体と不妊治療に関する勉強会

女性の身体のこと、不妊治療のこと
一概に一言で良いとか、悪いとか判断することは出来ません。

ピルに鎮痛薬…
身体に負担になるという話を耳したり、
我慢せずに使用した方がいいよという意見を耳にしたり
本当はどちらなんだろう??
どのように伝えたらいいんだろう?
そんな風に悩んだことはありませんか?

不妊治療も同様
治療に関しても賛否両論が繰り広げられたり
どのタイミングで治療をすすめたら良いのか悩んだり、
どこまで一緒に自然妊娠に伴走できるのか悩んだり
お客様の人生に関わることだからこそ、中途半端なアドバイスは出来ない
真面目で一所懸命な方こそ、その部分で思い悩んでしまいます。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

どちらに関しても、共通していえる事はおかれている環境や状況が違うという事。
個々に応じた判断をしなければならないということ。
答えなんて一つではありません。
ピルが必要な時もあるし、鎮痛剤が必要な時もある。
でも、どちらも安易に服用するものではない。
だからこそ、自分なりの考えを持っておかなければならないし
医学的な知識は必須

ただ、ネットの情報や一人、二人の講師の意見だけで
ピルはダメ、鎮痛剤はダメって言っているなら、
もう一度じっくり考えてみる必要があるんじゃないかな?と思います。

そんな考えるきっかけを持つのがこの勉強会です
私は様々な医学的な知識や、情報などを提供させていただきます。
また、こういう時はこのように考えてみては?とアドバイスはさせて頂きますが、
答えは出しません。
というのも、上で書いてきたように答えは一つじゃないから。

ひとりひとりのお客様によって求める事、必要なことが違うから
その場、その場で一番最適な選択肢を提供していかなければなりません。

様々な情報の中から、個々に必要な選択肢が提示出来る為に
一緒に学んでみませんか?

関連記事
「子宮とそれにまつわる薬に関する勉強会」を終えて

受講レポ
【勉強会参加レポ♪】子宮内膜症・生理痛・鎮痛剤・ピルに関する勉強会

お申込み詳細

日時
7月07日(金)
10:00~13:00 「身の回りの微生物講座 入門編 本当に必要な消毒・殺菌・微生物対策とは?」
14:00~16:00 「女性の身体と不妊治療に関する勉強会」

場所
沖縄 那覇市内
会場はお申し込み後ご連絡します

受講費
微生物講座 7560円
女性の身体と不妊治療に関する勉強会 5000円
事前振込となります。振込手数料はお客さまの方でご負担お願いします。

持ち物
筆記用具

お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S20761469/

講師
臨床検査技師

笛吹 和代(うすい かずよ)

055

「Woman Lifestage Support」主催
自分の妊活及び不妊治療のきっかけに健康や身体について再度学びなおし、健康管理や身体に関する幅広いセミナーを開催。
また、妊活・不妊分野を始め身体や健康分野に関わる専門家向けの講座や勉強会を開催。
臨床検査技師として検査センター勤務・製薬会社で品質管理業務を経て、
化粧品メーカーで品質管理業務、開発業務、薬事業務、従業員教育など幅広い業務を経験
微生物を専門とし様々なプロジェクトにも携わる
2011年不妊治療に専念する為に化粧品メーカーを退職
翌年男児を出産

「学ぶことが自分の未来を決める選択肢になる」

学ぶことは財産になる。
一度学べば、それは一生自分のものになる。
学ぶ事で、守れるものがある、選べるものがある、自分の味方になるものがあると信じ、
自分で自分の未来を選ぶ為に、身体のこと、健康の事、妊娠の事 不妊の事 食の事 環境のこと 化粧品のことなど様々な知識が学び続けられる場を提供している。

注意事項
お申し込み後すぐに自動返信メールが送信されます。
自動返信メールが届かない場合は、一度ご自身のメール設定をご確認ください
よろしくお願いします。
原則お子様は預けてのご参加をお願いします。

キャンセルポリシー
●当日より10日前までのキャンセルは全額返金いたします。(振込手数料差引額)
●当日より9日~3日前までのキャンセルはセミナー開催費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金いたします。(振込手数料差引額)
●開催前々日、前日および当日のキャンセルはキャンセル料が100%発生します。
●お振込みをされていない場合でのキャンセルもご入金頂くことになります。

広告