開催レポ「コラボ講座第1弾 大切な命を守るために知っておきたい健康情報」

コラボ講座第1弾 【大切な命を守るために知っておきたい健康情報】
無事に開催が終了しました。
台風の進路に少しドキドキしながらも、ご参加くださいました皆様
講師の牧香奈子さん 月岡しのぶさん ありがとうございました。

img_0372

お二人の講座の背景に共通していたのは、
たくさんある情報をどのように取捨選択するのか?
そして、そもそもその情報が出た出所はどこなのか?
なぜ?そんな風に世間で騒がれるようになってきたのか?
という点だったのではないかな?と

その部分をしっかりと知ることで多くの情報は判断できるようになるのではないのかな?と講座を聞きながら感じていました。

一部だけ見て騒がれている情報って実はたくさんありますからね。
全体を見る事の大切さを改めて感じるそんなお話しばかりでした。

今回、かなこさんには
【免疫】【糖質制限】【特保】とギュッと内容を詰め込んで頂きました。

img_0336

~一部をご紹介~
「腸が免疫をつかさどる」とちまたでよく言われているこの言葉
IgA IgG・・・の5種類のIg〇抗体とそれらの存在場所を知っていたら納得って感じです。
抗体と一言で言っても、それらの働きは違うし、存在場所も違います。
あくまでも1種類の抗体が小腸の粘膜に多いだけ・・・
でも、それを知らないから腸で免疫がつくられている
なんていう話が飛び交ってしまうのです。

もちろん、腸内環境を整える事は大切
でも、これらを知っていたら不要なサプリメントまで選択する必要はなくなってくるんじゃないかな?と思います。

そして、「糖質制限の話」
メリット・デメリット・そしてこれらが流行ったきっかけ
そんな事を一つ一つ丁寧に話してくださりました。

img_0346

かなこさんの講座の特徴の一つでもあるのが、
それらのメリット・デメリットをしっかりみきわめて話が進むという点
なぜ?糖質制限を推奨するドクターが現れたのか?
そもそも全員に糖質制限は必要なのか?
とはいえ、糖質過剰になっていないか?
糖質制限の本来の目的は?
糖質制限までしなくても出来る事はあるはず・・・

そんな内容を、本当にたくさんの資料を元にお話しくださいました。

そしてすべての糖質をひとくくりにして考えるのではなく、
何から取るのか?どのように摂取するのか?を考える事が大切って事に気づいてもらえたのではないかな?と思います。

かなこさんの予防医学への強い思いを感じさせて頂ける講座だったのではないかな?と思います。

そして午後からは
しのぶさんの「知っておきたい医療と自然療法の線引き」

img_0362
この講座をしのぶさんに依頼した時に
「今も昔も、病院に行くタイミングはかわっていませんけど・・・」という至極まっとうなツッコミを実は頂きました。
そうなんです。
実は今も、昔も医療が必要になるタイミングは大きく変わっていません。

それでも昔より、悩む人が増えたのはなぜなんだろう?
明らかに、昔より病院や薬嫌いの人が増えた気がするのはなぜ?
病院に行くタイミングを見誤って、症状を長引かせている人を見かける事も。
そして、一つ誤れば命に関わる事にも・・・

ネットを調べえれば、本を見れば病院に行くタイミングはわかるはず。
でも、それらが信じられない
本当に病院に行ってもいいの?
薬ってダメなんでしょう?

そんな風に悩んでる方に、リアルな情報を受け取ってほしくて講座をして頂きました。

img_0367

「薬はよくない」なぜそんな風に言われるようになったのか?
そんな背景からのお話し。
そして、そもそも薬とは何か?なぜ飲むのか?
そこを考えずに漠然と服用している人が多いのも事実。

どちらかに偏ることなく、うまく活用する方法
結局医療も・療法も合わせ技なんだと思うのです。
その時、必要なものをうまく選択していく力がこれからは必要になってきます。

そして、健康な時の自分の身体の状態に関心を持つこと。
正常を知らないと異常はわかりません。
自分の身体の変化に気づける感覚を養うって大切だと思います。

img_0364

結局私たちが発熱や咳や下痢である程度のところまで自宅で様子を見る事が出来るのは
この正常な状態と変わっていく過程を知っているからなんだと思います。
(自分の身体は時に過信してしまいますが・・・)

そしてどのような症状になれば命に関わってくるかを知っているから・・・
だから病院にいくタイミングが判断出来るんです。

でも、中々簡単に判断できることではありません。
だったら「迷ったら病院へ」
しのぶさんが講座の中で何度も言った言葉

何もなかったらなかったでそれで良いんです。
心配したほどのことじゃなくてよかったねで済むんです。
病院に行く事も、薬を飲む事も負けではありません。
そこで意地にならないでほしいなと思います。

img_0370

そんな講師達の熱い思いが伝わったコラボ講座だったのではないかな?と思います。
講座終了後の質問タイム。私も少しお話しさせて頂きました。

そして講座終了後、かなこさんがこんな投稿を・・・

img_0378

一つの情報を持っても、良いとか悪いとか簡単には判断できません。
あくまでもケースバイケース
個々が何を求め、どのような段階にいるかによって、判断は変わってきます。
その為にも、やはり最低限の身体の知識は必要なんだとつくづく感じます
様々な健康情報や医療情報に振り回されず、個々が自分に必要な選択や判断できるようになる、そんなサポートになるような講座をこれからもしていければと考えています。
「自分の身体と会話ができる」そんな人が少しでも増える事を願っています。

img_0374
とりあえず抹茶でお疲れ会の私たち
ようやく、思いを形にする そんなスタートラインに立てた気がします。
本当二つ返事で講座をお引き受けくださったお二人には感謝です。
そして裏で私の無茶ぶりに淡々と応えてくださった事務のあやさんにも感謝です。

かなこさんからは、「和代さんには和代さんにしか出来ない事があるから」
としっかり、強く背中を押して頂きました。

コラボ講座も今後、第2弾 第3弾と開催していく予定です。
また2018年の秋からは、女性が生涯の健康について、妊娠・出産・子育てを通して必要な健康や医療に関わる知識を学べる年間講座もプロジェクトメンバーを中心に開催していく予定です。

最後に…
私たちは身体の事、健康の事、命を守る基本の基本なのに・・・
何もしらないまま大人になってしまっています。
そして、何もしらないから余計に
不妊になった時、子どもが病気になった時、自身が病気になった時に、
情報がありすぎて混乱してしまいます。

講座の最後に少しだけお話しさせて頂きましたが、
「方法論」に囚われすぎないでほしいのです。
ネットの健康情報は方法論で溢れかえっています。
肝心のどうなりたいかには触れていない事がほとんど

「目的」は何なのか??
「我が子をこの手に抱きたい」「健康に過ごしたい」「元気になりたい」
その為に何をするのか?
目的の為に、方法を一つに制限しないでほしいなと思うのです。
選択肢はたくさんあります。
そして、その時、その時に必要な選択は違います。

自分にあわせて、家族にあわせて、必要な選択が出来る人が増える事を願って今後も講座を開催していきます。

コラボ講座第2弾はこちら…
コラボ講座第2弾「命を守るために知っておきたい 食物アレルギーと食中毒の話」

知らないと怖い、食物アレルギーや食中毒の話をさせて頂きます

LINE@しています。
現在200名以上の方が登録くださっています。

健康管理のこと、身体の事、妊活・不妊のこと
最近は微生物ネタもつぶやいています。
講座の先行案内もこちらから配信中

すっかりブログ代わりになっているLINE@
LINE@でしか書いていない情報も結構あります
ぜひご登録くださいね。

検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座

一人でモヤモヤしている状況からの卒業 妊活個別カウンセリング

【医学的知識から学べる健康管理講座】
自分の健康管理の方法を知る 健康診断の活かし方講座 基礎編 
7月21日 滋賀 7月26日 大阪 8月1日 滋賀 8月31日 京都
受診して満足しないがん検診とがん発生要因から考える生活の在り方講座

8月31日 京都
身体を守る為にはまずは知ることから 意外に知られていない肝臓・腎臓・膵臓・胆のうの役割と病気から守る為のポイント

7月21日 滋賀 7月26日 大阪 8月1日 滋賀

【微生物・化粧品セミナー】 
これだけは押さえておきたい化粧品の選び方 付き合い方講座

8月22日 滋賀開催
微生物講座・女性の身体と不妊に関する勉強会 沖縄開催のお知らせ 7月7日 沖縄那覇
身の回りの微生物講座 入門編・日常編 9月29日 東京 募集開始前

【コラボ講座】
コラボ講座第2弾「命を守るために知っておきたい 食物アレルギーと食中毒の話」
7月27日 大阪開催
コラボ講座第3弾 不妊は予防できる? 不妊治療とそれらのお金とライフ設計の話(仮題)
11月23日 大阪開催 募集開始前

【招致セミナー】
失敗しない!!米粉でつくるパン講座 9月7日 南草津開催 募集開始前
デトックスベジアレンジ編 カレー講座 8月24日 南草津開催 残2席
滋賀初開催 ナチュラルクリーニング講座 10月20日 南草津開催

その他講座案内はこちら講座案内
出張・講座依頼のお問い合わせはこちら問い合わせ先
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。

広告