必要な消毒・殺菌を知る 「身の回りの微生物講座 入門編・応用編」

6月に大阪で開催させて頂いた微生物講座

IMG_0212
たくさんの方に受講頂き、
「知らなかったことがいっぱいでした」
「もっと早くに知っておきたかったです。」
「疑問点がすっきりしました」
などのたくさんのご感想も頂きました。

「菌活」「発酵」が流行っているかと思えば
「除菌」「抗菌」ブーム

微生物は増やしたらいいの??
減らしたらいいの??
これだけ真逆のことが世間で語られている分野も珍しいものです。

なぜこれだけ真逆の事が語られるのか?
そもそもの目的が全く違うからです。

微生物は増やしたらいいのか?
それとも無くさなければいけないのか?
それは目的によっても、場所によっても、物によっても変わってきます。
しかしそれがごちゃまぜになっているのが今の現状。

o0480036013960729634

必要以上の除菌・抗菌は不要です。
とはいえ、ケースバイ・ケース
増やさないようにする事が必要な時ももちろんあります。
そして、もちろん適切な殺菌・消毒を行う事が必要な時も…

21c8271d1f978fedf786c1faede1ebfd_s

浴室なんかは微生物が増殖しないようにしなきゃいけない場所の一つ

発酵も菌活も正しい微生物制御(増やさないこと)の知識がなければ、
一つ間違えれば健康被害にも直結する事にもなりかねません。

とはいえ、一般的にこれがわかりやすいですよとお勧めしやすい良書がないのもこの分野
学術書は専門書はそれなりにあるのですが…
だからこそ、??というような情報や知識が広がってしまう。

ただ、漠然と菌活、菌活と言ってむやみやたらに菌を増やしていいのか?
かと言って、なんでもかんでも除菌・消毒・抗菌思考もどうなんだろう?
微生物は増やしてもいい場所、静菌させる場所、増やしたらいけない場所があります。
それらを見極める事が微生物とうまく付き合うコツではないかなと思います。
そこで、この講座では、入門編と応用編にわけて微生物についてじっくり学んでいきます。
*応用編のみの受講は出来ませんので、まずは入門編を受講ください。
6月14日の新大阪での開催講座 7月7日の那覇での開催講座は入門編にあたります。
こちらを受講されている方は応用編から受講ください。

AM 必要な消毒・殺菌を知る 「身の回りの微生物講座 入門編」

入門編では、まず微生物の基本的な事を学びます。

534134156

「発酵食品」や「菌活」ブームですが、
発酵や菌活をうまく日用に活用するためには、まずは微生物の基本を知ることが先決です。
・なぜ微生物が増えるのか?
・どのようにしたら微生物が増殖するのか?
・どんな微生物でも増やしたらいいのか?
これらを知らずに「常在菌=良い菌」と思って菌を増やす事ばかりしていたら…
発酵のつもりが腐敗していただけ…なんて事にもなりかねません。

だからこそ、微生物をうまく活用する為にもまずは微生物の基本を知る事が必要になってきます。

【こんな方にお勧めです】
・家の中に除菌剤・抗菌剤があふれかえっている
・ついつい除菌剤を買ってしまう
・消毒剤と除菌剤の違いが知りたい
・水回りで微生物を増やさないコツを知りたい
・菌活が気になるが雑菌は増やしたくない

45d328ba89a36cb417a8dbf0ce49c6ff_s

「発酵食品」のように微生物と食品をうまく掛け合わせた保存食品が日本にはたくさんあります。
しかし、これらの発酵食品はある特定の微生物をうまく活用してつくられているものであり、どんな菌でもいいわけではありません。

発酵食品や有益微生物を用いた製品を覗いては
原則微生物は増やすべきものではありません。

私たちの身体に存在する常在菌も増やすのではなく、
あくまでもバランスをとっているだけです。
私たちが持っている常在菌が必ずしも良い菌だけなわけではなく、
時にしてそれらが食中毒の原因になることも…
そして、人の身体には微生物が存在しない無菌の場所もあります。
微生物って体中のどんな場所に存在しても良い菌ではありません。

特に微生物には繁殖しやすい条件があり、
私たちの身の回りでも気を付けないとあっという間に微生物が増殖してしまう場所や物があります。

19141929_1058423300959539_420820467_n

それらが…
食品・医薬品・化粧品だったり、キッチン・お風呂場等の水回りです。
発酵食品の特定の微生物を覗いては、
私たちは口に入れるもの、肌につけるもの、それらに関係する場所では
微生物が増えないようにする必要があります。

私自身、9年近く製薬会社と化粧品メーカーの製造現場で微生物管理に携わる仕事をしてきました。
そこで口うるさく言っていた事があります。
・微生物は持ち込まない
・微生物を増やさない
この2点です。

微生物は増えてから殺菌・消毒するのではなく、
増やさない環境にすること、製品や食品に持ち込まないようにすることが非常に重要になってきます
なぜなら、微生物をきちんとすべてを死滅させるのはかなり難しいからです。
消毒剤等では微生物を完全に死滅させることは出来ません。

もちろん製造現場ですから、家庭では使わない消毒剤類も置いていましたし、微生物を死滅させるような機械もあります。
でも、完全に微生物が死滅している事を保証するのは非常に手間がかかります。
おまけに死滅していても毒素が残る事も…

だからこそ、持ち来まない・増やさないを徹底する事になります。

0613f0effd2d6976033855f23e5b82ae_s

ちなみに我が家には除菌剤はありません。
あるのは消毒用エタノールだけ。
普段であればこれがあれば十分です。

家庭で増やしてしまった菌を完全に死滅させることは、
どんな除菌剤を使用しても基本的には不可能です。
今のところで家庭で手に入る一番強い消毒薬は次亜塩素酸ナトリウム。
しかし、日常には使いたくない製品。
なので我が家には消毒用エタノールしかありません。

一旦増えた菌を死滅させることは非常に困難です。だからこそ、持ち込まない・増やさないことが重要になってきます。

実は微生物の増殖条件を知れば、微生物を制御することは簡単です。
これらを知れば、必要以上に除菌剤や抗菌剤を購入することもなくなります。

【講座内容】
・微生物とは?
・微生物ってどこに存在している?
・常在菌・発酵・腐敗 微生物用語の本来の意味は?
・微生物の増殖条件は?
・微生物を増やさない為には?
・除菌・抗菌って本当に効果があるの?
・様々な事例紹介
水洗・石鹸洗い・消毒剤 手指の菌数の違いは?
手で握ったおにぎりの6時間後…
2日目のカレーって本当に安全?
1歳未満にボツリヌス菌がダメなわけ
シンク・浴槽のぬめりって何?
シンク・浴槽で微生物が増える理由は??

PM 必要な消毒・殺菌を知る 「身の回りの微生物講座 応用編」

入門編で微生物の基礎をしっかり学んだ後は、実際にそれらの知識を日常にどのように活かしていくかを学びます。

592174

微生物の繁殖条件のカギを握るのが
・水分
・温度
・栄養

これらを踏まえて…
・赤ちゃんがハイハイしている時は床の消毒は必要?
・赤ちゃんのおもちゃの消毒はどうしたらいいの?
・哺乳瓶の消毒はいつまでする?マグの消毒は必要?

4e946d13d5de4b389dbe8938e91b1749_s

必要以上の抗菌・除菌思考は不要です。
それどころが…必要以上の除菌や消毒は我が子の抵抗力を下げる事にもつながりかねません。
とはいえ、だからといって雑菌まみれでいいのか?
除菌グッズをそろえなくても、日用レベルの微生物制御は可能です。
そんな方法もお話しさせて頂きます。

それ以外にも…
・保存食・発酵食品をつくる際の注意事項
・除菌グッズって本当に必要?除菌グッズを買う時の注意点
・消毒剤を使う際の注意事項
・お風呂場、シンクを微生物の増殖から守る方法
・素材から選ぶ抗菌グッズの選び方
・自宅で出来る殺菌について
・赤ちゃん・子ども・大人・お年寄りでは変わる微生物とのつきあい方
・各細菌・真菌・ウィルスに有効な消毒薬と接触時間について

日常で菌を増やしたくない場所で、何を選ぶか?
どのように使うかは大切なポイントになってきます。
ここでも出来るだけ薬品類を使用せずに、微生物の増殖を抑える方法をお話しさせて頂きます。

他にも様々な微生物関連商品のカラクリなどもお話しさせて頂きます。
午後の講座では、様々な事例を紹介しながら
みなさんのあれはどうなのか?これはどうなのか?
という様々な質問にもお答えできる時間を設けさせて頂きます。

関連記事
この時期にノロ感染??

開催・受講レポ 
【 全国ツアー決定か!?身の回りの微生物講座 】

【追記】おにぎりは素手で握っていいの?【身の回りの微生物講座】
【コスメの選び方】市販のコスメに防腐剤が入っている理由

お申込み詳細

日時
東京開催 9月29日(金)入門編10:30~12:30 応用編 14:00~16:00
京都開催 10月25日(水)入門編10:30~12:30 応用編 14:00~16:00
(お子様連れ不可・残3席)
奈良開催 11月29日(水)入門編10:30~12:30 応用編 14:00~16:00
(お子様連れ可)満席
滋賀開催 12月08日(金)入門編10:30~12:30 応用編 14:00~16:00
(お子様連れ可)

(各講座30分程度の延長の可能性あり)

場所
東京 山手線沿線 高田馬場駅近辺
京都 四条駅周辺若しくは二条駅周辺
奈良 近鉄奈良駅前
滋賀 草津駅すぐ
会場はお申し込み後ご連絡します

受講費
入門編 応用編ともに各7500円
事前振込となります。振込手数料はお客さまの方でご負担お願いします。
奈良会場はランチつきになりますので、別途飲食費が必要になります。
(ランチを頼まれない方は別会場でのお申し込みをお願いします)

持ち物
筆記用具

お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S22875475/

講師
臨床検査技師

笛吹 和代(うすい かずよ)

055

「Woman Lifestage Support」主催
自分の妊活及び不妊治療のきっかけに健康や身体について再度学びなおし、健康管理や身体に関する幅広いセミナーを開催。
また、妊活・不妊分野を始め身体や健康分野に関わる専門家向けの講座や勉強会を開催。
臨床検査技師として検査センター勤務・製薬会社で品質管理業務を経て、
化粧品メーカーで品質管理業務、開発業務、薬事業務、従業員教育など幅広い業務を経験
微生物を専門とし様々なプロジェクトにも携わる
2011年不妊治療に専念する為に化粧品メーカーを退職
翌年男児を出産

「学ぶことが自分の未来を決める選択肢になる」

学ぶことは財産になる。
一度学べば、それは一生自分のものになる。
学ぶ事で、守れるものがある、選べるものがある、自分の味方になるものがあると信じ、
自分で自分の未来を選ぶ為に、身体のこと、健康の事、妊娠の事 不妊の事 食の事 環境のこと 化粧品のことなど様々な知識が学び続けられる場を提供している。

注意事項
お申し込み後すぐに自動返信メールが送信されます。
自動返信メールが届かない場合は、一度ご自身のメール設定をご確認ください
よろしくお願いします。
原則お子様は預けてのご参加をお願いします。

キャンセルポリシー
●当日より10日前までのキャンセルは全額返金いたします。(振込手数料差引額)
●当日より9日~3日前までのキャンセルはセミナー開催費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金いたします。(振込手数料差引額)
●開催前々日、前日および当日のキャンセルはキャンセル料が100%発生します。
●お振込みをされていない場合でのキャンセルもご入金頂くことになります。

広告