化粧品を何で選ぶか?私が化粧品を選ぶ3つのポイント

ちまたにあふれかえる化粧品の数々
世の中、色んなキャッチコピーで溢れ返っています。
化粧品に求める事は、本当、人それぞれです。
だからこそ、多くの人が魅力的なキャッチコピーに惑わされてしまいます。

3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

化粧品は効果効能は謳えません。
でも…うま~くイメージできるように
どこのメーカーも宣伝していますよね。

私は、化粧品をつくる側、それも開発から関わる側にいた人間なので…
ある意味、裏を知り尽くしているという事もあって、
心の中で突っ込みながら、様々な宣伝文句を見ています。

もちろん、化粧品なんて購入する人たちが納得して買っているのであれば、
それはそれで良いんだと私は思っています。
周りが、あれこれとやかく言う必要はないから。

ただ、個人的には売り文句と製品の中身自体が大きく乖離しているものは
正直どうなのかな?って思いますが…

「化粧品も裏を見て買いましょう」
なんてよく言われていますが…
裏をみても何が書いているのかよくわからない…
そんな人も多いはず。

ということで…私がどんな風に化粧品を選んでいるかを簡単にご紹介したいと思います。
ちなみに、前職が化粧品メーカーだったんだから…
と思われる方も多いかもしれませんが

正直、前職の商品以外はそんなにスラスラ読めません。
使用成分に縛りのあるメーカーだったので…
そもそも旧指定成分はほとんど扱ったことないですからね。
なので、知らない成分は調べたりもしますが…
全部調べるのも面倒
(ましてや店頭で選ぶ時にそれは出来ない…)

ということで、私が化粧品を選ぶ3つのポイントはこちら
・全成分が30以上あるものは最初から選ばない
・どんな防腐剤が使用されているかを確認する
・出来るだけ、作り手や販売者のコンセプトがわかる会社を選ぶ

それでは1つ1つ説明していきますね

≪全成分が30以上あるものは最初から選ばない≫
裏を見て…
全成分が40も45も書いてあると、それだけでそっと戻します(笑)
そもそも、化粧品ってもっと少ない成分で作れるし…
数が多いって事は、一つ一つの配合量がかなり少ないってこと。
(配合割合が想像できるのは職業柄ですが…)
まっ…単純に読み解くのが面倒って事もあるんだけど

色々、謳い文句は書いてるけど
成分数が40超えるんだよね。この商品。
こんだけ書いていると目がチカチカします。

img_1873

知らない成分が増えるという事はそれだけ肌トラブルを起こす可能性も増えるってこと。
シンプルにつくれるものを、わざわざ複雑化しなくてもいいんじゃないのかな?というのが私の考えです。
特に私の場合は、肌トラブルを起こしやすいというのもあるので、
余計に出来るだけシンプルな化粧品を選びます。

ちなみに前職で尊敬してた研究の先輩が言ってたのが
「本当に腕の良い研究者は少ない原料で優れた製品をつくれるものなのよ」という一言。
いかにシンプルにつくるかこそが、実は技術者の腕の見せどころだったりします。

後、成分点数が少ない方が知らない成分が減るのも利点。
慣れてくると、調べなきゃいけない成分数は減ります。

私の場合は、自分の中で出来る限り旧指定成分を避けているっていうのもあるんですが
なぜ、私が旧指定成分を避けるのかについては最後に書きますね。

≪どんな防腐剤が使用されているかを確認する≫
市販で販売している化粧品のほとんどはなんらかの防腐成分を入れています。
防腐成分を入れずに販売にするには、容量や容器、使用方法、製造工程など、細かくこだわりが必要になってくるから。
それでも完全に防腐剤をなしにするのは難しい。

なので、防腐剤不使用やパラベン・アルコールフリーと謳っている場合は
必ず、何の防腐剤を使用しているチェック
防腐剤を見ながら、容器や容量を確認します。
まっ…市販で流通しているものは大抵何か入ってます。

これは赤ちゃんのおしりふきだけど…

img_2148

ついつい、ママが手にとりたく魅力的な表示…
でも、裏をみたら…
やっぱり色々入っています。

img_2217

この裏の成分とパラベン…
正直、う~~ん…と唸ってしまいます。
パラベン使ってなければ良いってわけじゃないんだよね。
後は何を選ぶかは使う人が決める事。
でも、私なら…って感じですかね。

≪出来るだけ、作り手や販売者のコンセプトがわかる会社を選ぶ≫
コンセプトが一貫している会社は、実は裏も読みやすいです。
拘っている部分が明確な為、製品ごとに使用成分が大きく変わらず、
全成分も読みやすかったりします。

自分にとって信頼できるメーカーさんや
好きなメーカーさんに出会えると、
化粧品選びがよりしやすくなるのではないかな?と思います。

ラインで使う事、
同じメーカーでそろえる事は必ずしも必須ではありませんが…
慣れるまでは同じメーカーの方が読みやすいんじゃないかなと思いますよ。
(たまに大きく路線変更するメーカーもありますが…)

最後に…
なぜ私が旧指定成分を避けるのか?
単純に自分の肌が弱いからです。
それこそ、10代の頃から多くの化粧品トラブルに見舞われてきました。
どれが原因とは特定できないけど…
だからこそ、肌に負担のかかるものは出来るだけ避けるのが私の方針

なので、美容成分も植物からの抽出成分も…
興味はあるけど、積極的には選ばない事の方が多いです。
どんな成分でも合わない時は肌に負担になることを知っているから。
(それでも興味のある成分もあるけどね)

だから、特に肌に問題ない人が過剰に
あれがダメ、これがダメ…
って避ける必要もないと思います。

それに、実際のところは旧指定成分以外でも、
肌に負担になる成分もありますしね。
旧指定成分を避けたら大丈夫ってわけでもないから。

自分なりの基準を持つと、周りの意見に振り回されず…
過度な効果を期待せずに
化粧品を選ぶことが出来るようになるんじゃないかな?と思います。

化粧品セミナーでは…
・周りの様々な情報に振り回されずに化粧品を選ぶコツ
・防腐力の弱い化粧品のメリット・デメリット
・化粧品使用時や保管時の注意事項(微生物汚染も含めて)
・手作り化粧品を作る際の注意事項
・子ども用化粧品やおしりふきを選ぶポイント
(そもそも子ども用化粧品って必要??)
・流行の美容法について

などを、何十個という製品に関わってきた
元化粧品メーカーの技術者の視点からお話しさせて頂きます。

これだけは押さえておきたい化粧品の選び方 付き合い方講座
11月22日 滋賀 12月21日 京都

防腐剤悪説 界面活性剤悪説 経皮毒などなど…
様々な情報が溢れかえっていますが…
そんな情報に振りまわされずに、自分で選べるだけの知識を身に付けませんか?

すっかりブログ代わりになっているLINE@
ほぼ毎日更新中
LINE@でしか書いていない情報も結構あります
ぜひご登録くださいね。
現在400名以上の方が登録済みです。

検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座

【医学的知識から学べる健康管理講座】
自分の健康管理の方法を知る 健康診断の活かし方講座 基礎編 
11月20日 滋賀 12月13日 京都

受診して満足しないがん検診とがん発生要因から考える生活の在り方講座
11月20日 滋賀 12月13日 京都

症状が出てからでは遅い??肝臓・腎臓・膵臓・胆のうを守るために今できる事 前編・後編 
11月08日 京都 12月20日 京都

【微生物・化粧品セミナー】 
これだけは押さえておきたい化粧品の選び方 付き合い方講座

11月22日 滋賀 12月21日 京都

身の回りの微生物講座 入門編・応用編
11月29日奈良 満席 12月8日 滋賀(お子様連れ可)草津開催

【コラボ講座・イベント】
プロジェクトイベント
妊活サポーターの為のワークショップ開催のお知らせ
11月16日 大阪開催

コラボ講座第3弾 妊活・不妊治療を賭けにしない為の、妊娠を考えた時に知っておきたい お金と予防不妊と不妊治療の話
11月23日 大阪開催 大阪駅徒歩8分 夫婦参加割引あり

【招致セミナー】
滋賀初開催 ナチュラルクリーニング講座   次回2018年6月19日開催決定

その他講座案内はこちら講座案内
個別相談・出張・講座依頼についてはこちら⇒詳細はこちら
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。