偏っていたあの頃からの脱出

ちょうど1年前…
Facebookにこんな投稿をしていた

img_3600

病院と薬の付き合い方

ここ数年、医療否定や薬否定の記事や発信が増えてきた。
確かに、なんでもかんでも薬や医療に頼るのはおすすめしないし、私たちにはある程度の自己治癒力が備わっているから…
休む事で身体は回復しようとするし、発熱は正しい反応だけど…
それにも限界はある。

身体が消耗していたら、上がってしまった熱を下げれない時もあるし、熱が下がらないと益々体力が奪われる。

状況を見極めて適切な医療や薬は必要だったりする。

でも、これだけ医療否定や薬否定の情報が一人歩きしていると…
医療を選択するタイミングを逃しかねないし、1歩間違えると命に関わることにもなりかねない。

これらの風潮に関しては、身体の事や医療を伝えている我々セミナー講師やセラピストなどにも責任の一部はあるんじゃないかな?と思う。

必要以上の薬否定や医療否定を産み出していないかな?と…

薬や医療に頼らない身体づくりは必須。
でも、それと同時に薬に頼るタイミングを見極める事を伝えていくことも必要だと思う。

不妊も含めて、一方を否定して、一方を良しとする考え方はそろそろ終わりにしなきゃいけない。

医療や薬を選択するタイミング、
本来なら知っておかなきゃいけない事だし、自然療法や身体の事を伝えるうえではセットにして伝えなきゃいけない。
そして、子どもと大人では違う事もね。

この投稿をきっかけに私の発信は大きく方向転換する事となった。
もちろん、私だってここまで来るには紆余曲折があったのも事実。

私が「自然派」と言う言葉を知ったのは息子を妊娠中の時

598703

自分自身の不妊治療
身内の闘病
様々なことが重なり、医療は万能ではない
そのことを強く感じていた時に

次は自分の妊娠トラブル
前置胎盤による大量出血からの切迫流早産

前置胎盤は防ぐことが出来なかったのか?
からネット検索がはじまり…

気付けば、
母乳育児や離乳食開始時期、子どものアレルギー おむつの事
「自然派育児」と呼ばれる人達のブログを熟読するようになっていた。

特に私が最初にのめり込んだのは『子どもの食』
私自身がアトピー体質という事もあってかなり神経質になっていた時期が結構続いた。

ありがたい事に母乳の出がかなりよく、退院時には完全母乳に移行
(入院時に粉ミルクを飲ませる事にはさほど抵抗はなかったんだけどね)
出来るだけ早いタイミングで完全母乳に移行したいと思っていた私にはかなりありがたい事だったし、自然派志向にますます拍車をかける要因ともなった。

そもそも母乳育児があまり推進されていない地域って事もあり、4ヶ月の乳児健診では離乳食開始時期までに粉ミルクが飲めるように、10ヶ月には母乳を辞めるようにと強く言われたもあって、余計に一般的な内容に耳を傾けなくなってきてもいた。

IMG_2635

・不妊治療
・前置胎盤による切迫流早産
・38週までの張り止め薬の内服
・吸引による分娩(胎盤の位置の関係、臍帯が先にでるリスクがあった事と胎児心拍が下がった為)
・出血による貧血で動けない産後1日目

自然派を推進する人から見れば突っ込みどころ満載の妊娠から出産までの経過。
直接は突っ込まれなくても、これらに否定的な記事はネットに散在している。
「あなたの身体がダメだったから…」
と言われているようで、そっと閉じたブログもたくさんある。

だからこそ、「息子だけは健康に育てなければならない」
そんな意地もあって、産後はますます「自然派」と呼ばれる生活にのめり込んでいく事になる。

img_1465

「医療」に頼る事に自分がダメな母だと悩んだ時もあった。
周りが平気に息子に市販の食べ物の味を覚えさせること
添加物いっぱいの調味料を使われることが嫌で嫌でたまらない時もあった。

今でこそ程よいバランス・線引きを覚えてきたけど…
当時は市販のものを食べさせるときは罪悪感いっぱいで、自分をダメな母親だと呪った時もあった。

そして気づけば自分自身も「自然派」を発信する立場になっていた。

もちろん、「臨床検査技師」という医療系国家資格の保持者
西洋医学出身の立場であり、多分他のコメディカルよりも「数値」や「データー」を重要視する職業ということもあって、自分ではかなり慎重に発信していたつもりだけど…

4bb645372e55620e85abdce4a7c09acd_s

それでも今になって振り返れば偏っていたことは否めない。
医療否定をしていたつもりはないが…私が薬を飲まないと発信すれば、それは拡大解釈されていく。

そんな私が大きな方向転換をしたのがちょうど昨年の今

自分たちの発信一つで多くの人たちの考え方に影響を及ぼしてしまう。
そんな事を痛感した出来事があったからだ。

実はこの投稿の後、たくさんの方から「病院にいってもいいんですね」とメッセージをもらったり、病院を受診することの相談を受けたこともある。
(現在は無料でご相談はお受けしてませんのでご了承ください。セミナー受講者さまや個別相談ご利用者さまのみとさせて頂いています)

と同時に、産後の私と同じように極端な「自然派志向」の記事に悩み、苦しんでいたお母さんがたくさんいる事を知るきっかけにもなった。

もちろん「西洋医学否定」をしている人を批判しないでくださいと言われた事もあった。

でもこれってどっちが良くて、どっちがダメというわけではないんだよね

・予防なのか
・治療なのか
・自宅療養で乗り切れるのか
・引き初めなのか
・長引いているのか
・急性的なものなのか
・慢性的なものなのか
・大人なのか
・子どもなのか
・体力はあるのか
・基礎疾患はないのか

これらを総合的に判断して、「今何が必要かを選択していく」ことが大切。
これが難しくて答えが欲しいって言われることもあるけど
この自己判断が難しい間はやはり
「病院に行って医師の判断を仰ぐ」事が一番なんだと思う。

そしてその為には身体や健康について学ぶしか近道はないんだよ。
簡単に手に入る健康法の答えは、結局は応用が効かなくて…
また次の答えを求めてさまようことになるから。

ちなみに私たち夫婦は「健康保険料払う事が無駄」って言うぐらい、基本的には病院を受診しません。(なので旦那が保険書を無くしたことも…(-_-;))

それは日常からの予防と健康管理を大切にしているから。

でも、必要な時にはきちんと病院にかかりますよ。
大人も子どももね。

とはいえ私の子育てはトライ&エラーの繰り返し
そんなこともぼちぼち綴っていきたいと思います。
新たにメルマガ始めました。
ブログやSNSには書けない、健康・女性の身体や不妊のことはもちろん、
微生物ネタや化粧品の話など専門家目線のずばりを書いていきます。
毎週金曜日配信予定です。

2月16日配信は
「妊活にサプリメントは必要?」
https://48auto.biz/wlss-0528/registp.php?pid=3

すっかりブログ代わりになっているLINE
ほぼ毎日更新中
LINE
@でしか書いていない情報も結構あります
ぜひご登録くださいね。
現在470名以上の方が登録済みです。

検索アドレス

https://line.me/R/ti/p/%40jtq9296d

友だち追加

募集中の講座

【医学的知識から学ぶ、自分にあわせた健康管理講座】
自分の健康管理の方法を知る 健康診断の活かし方講座 基礎編
2
28日(水)京都 322日(水)京都 420日(金)京都

受診して満足しないがん検診とがん発生要因から考える生活の在り方講座
2
28日(水)京都 322日(水)京都 420日(金)京都

症状が出てからでは遅い??肝臓・腎臓・膵臓・胆のうを守るために今できる事 前編・後編
315日(木)京都 424日(火)京都
*こちらの講座は4月の次は秋以降の開催になります。(7月に滋賀開催予定)

【微生物・化粧品セミナー】
家族を守る為の衛生管理講座
入門・基礎編 02月22日(木)京都 03月09日(金)奈良 04月19日(木)京都
食中毒・感染症編 02月21日(水)京都4月25日(水)京都
化粧品編 3月08日(木)京都

【プロジェクトコラボ講座・イベント】
 専門家6名による妊活の為の身体づくりとお金の話 5月19日(土) 大阪市内 募集開始前 LINE@で先行案内します。

【招致セミナー】
滋賀初開催 ナチュラルクリーニング講座次回2018619日開催決定

その他講座案内はこちら講座案内
個別相談・出張・講座依頼についてはこちら⇒詳細はこちら
コラム執筆依頼 各種講演依頼も受け付けております。

広告