たまには妊活も不妊治療もお休みしてみよう

妊活や不妊治療のご相談を頂くみなさんは本当に真面目な方ばかりです。

・何かほかに出来る事はありませんか?
・基礎体温が安定しないのは私の生活習慣のせいなのでしょうか?
・食べ物は何を食べたらいいですか?
・他に受けた方が良い検査ってありますか?
・検査を追加したら原因ってわかりますか?
・1ヶ月で卵子の質って改善しますか?
などなど…

本当に、本当にみなさんすごく頑張られています。そして一生懸命調べたりされています。

でも、だからこそ言いたい「たまには妊活も不妊治療もお休みしようよ」って…
ちょっと肩の力抜いて、ごろんと寝そべって青空でも眺めてごらんって…

一生懸命に頑張っている方って、身体も心もギュッと力が入りすぎている。だからねちょっと緩めてあげてほしいなと思うのです。

臨床検査技師・不妊カウンセラーの立場上あまり非科学的な事は言えませんし、書けません。それでも思うのは力の入りすぎている人はやっぱり妊娠しにくいんじゃないかな?と
適度に力を抜いてあげるのって凄く大切です。

67d5ac4735870dddc216c754e088aba8_s

 

GWやお盆・お正月はお休みするちょうど良いタイミング

もちろん年齢的に長期間お休みすることは避けて欲しい年代の人もいます。だから私のお勧めは1周期だけのお休み。GWやお盆・お正月は帰省や旅行などが重なったり、クリニックそのものがお休みだったりして通院のスケジュールも組みにくい時期だったりします。

なのでその組みにくいスケジュールの中で頑張ってやりくりするより、1周期だけ思い切ってお休みしてみても良いのではと思います。

で、その周期は排卵検査薬も・基礎体温も全部やめてしまってのんびりと過ごしてみませんか?

たまには夜更かししたり、お酒を飲んだり、大好きなものをお腹いっぱい食べたり…
毎日はダメだけど…少しぐらいなら良いんじゃないかな?

ストイックにあれもダメ、これもダメ…っていう人もいるけど、私は今まで頑張ってきたならたまには良いと思う。というより、今まで何年もそれらのストイックな生活を続けてきて結果が出ていないなら、そもそもその方法はあなたには会っていない方法だったのかもしれない。

img_5144

 

妊活・不妊情報から離れてみよう

そしてその期間はSNSからもネット検索からも離れてみよう。ネットやSNSにはあれが良い、これが良いという情報と同じぐらい、あれはダメ、これをしてるから、〇〇ばかり食べているから妊娠しない…なんていうダメ出し情報で溢れかえっています。

そして最終的には「マインド」や「メンタル」整っていないから…なんて情報まで飛び込んできます。

そもそも人の表層意識(自分で理解している意識)って5%って言われています。(最近はもっと少ない数字もあるぐらい)残り95%は自分が何を考えているかなんてみんなわかっていないのです。

だから「心の奥底では本当は子どもを望んでないんじゃないの?」なんて言われてもわからないんです。私だって自分の潜在意識なんてわかりません。そしてそういうことを言ってる人達だって自分が実際心の奥底で何を望んでいるかなんてわからないのです。潜在意識なんてそんなものです。

私自身もこの「潜在意識」という考え方に振り回された経験があります。だからこそ気づいたことがあります。「潜在意識」がとか「本当の気持ちが」とか言ってる人は、何か不都合な事があった時に矛先が自分に向かないようにあらかじめ保険をかけているだけだと…

「あなたが心の奥底でそう望んでいたから、そういう結果になったのよ」って…
これ、「潜在意識」を語る方たちの常套文句です(笑)

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s

 

何が功を奏して妊娠したのかなんて誰にもわからない

妊活・不妊治療から少し距離を置いて旦那さんとタイミングなども気にせずに過ごしたら授かったなんて方も少なくありません。体外受精適応不妊の場合でもリフレッシュしたことで次の採卵時に良い結果が出るなんて事もあるかもしれません。

妊娠って奇跡の世界。不妊治療はそのごくわずかを担っているにしか過ぎず、まだまだわからないこともたくさんあります。何がきっかけで妊娠にたどり着くなんて誰もわからないのです。

体外受精だって、グレードの良い受精卵より、もう1つ下の受精卵で妊娠することだってある。何が妊娠継続の決め手になったのかなんて誰もわからない。きっとまだまだわからないことだらけの分野なのかもしれません。

だからこそ「コレだ!!」と決め打ちになるような情報なんてないのです。でも、頑張っている人こそ、真面目な人こそ、様々な情報に自分を重ね合わせて、ダメ出しして、苦しくなってしまう。

SNSやブログでなどで見かける多くの人の情報は自分の信じる方法を発信しているにすぎません。だからそれらの情報に疲れてしまったら…少しの期間でいいのでSNSやネットから離れて少し「妊活」を意識しない期間をつくってみてください。

妊活・不妊相談のご案内

対面でのご相談は滋賀・京都で行っております。
遠方の方はZoomでのご相談も可能です。
平日夜間の相談もお受けしています(月2枠のみ)
また、土日で、滋賀県東近江市まで来て頂ける方に限り夜間のご相談も受けていますので気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご確認ください
遠回りをしない 妊活・不妊治療の進め方 個別サポート

171121_白衣・2017-11-21_12-17-32

公式HP募集中の講座取材依頼企業向け不妊治療と働き方研修飲食店向け衛生管理研修微生物に関するブログプロフィール

バナー

≪プロフィール≫

笛吹 和代

171121_隨帛聖縺輔s驥取搗縺輔s謦ョ蠖ア蛻・2017-11-21_12-39-49

関西を中心に活動し、臨床検査技師の国家資格を保有する、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

自身の不妊治療退職をきっかけに「働く女性の不妊治療退職ゼロ」を目指して、妊活や不妊の悩む女性の個別相談を行ったり、セミナー講師として活動したり、妊活や不妊をサービスとする専門家向けの講座も行っている。

また、働く女性向けサイトで妊活コラムも担当

2017年5月 医療職とファイナンシャルプランナーによる妊活や不妊で悩む女性を支援するプロジェクトチームを立ち上げる。2018年9月には第1回目の妊活イベント「ワタコレ」を関西で開催し100名を超える方で当日はにぎわった

≪経歴≫
1979年滋賀に産まれる
不妊治療の末2012年に男児を出産

子どもの頃から身体の仕組みに興味があり、医療系の学部に進学する。
卒業後は検査センターで様々な検査や健診に携わったのち、製薬メーカ・化粧品メーカで専門職として勤務する。28歳で結婚、29歳から妊活をスタートするものの妊娠にたどり着かず、32歳で前職を退職し、33歳で第1子を出産

その後健診現場に復帰するが、自身の経験から不妊で悩む女性の支援をしたいと事業をスタートさせる。現在は当事者支援と不妊予防を伝える事に力を入れている。

≪講座開催実績≫
2015年より自身で講座主催をする傍ら
大津市男女共同参画センター様、漢方薬局様、鍼灸師団体様 カルチャーセンター等で妊活や不妊、女性の身体に関する講座を開催

≪コラム掲載≫
奈良の子育て応援アプリ「ぱーぷるmama」にてコラム掲載
専門家によるパパママ応援サイトIKU♡LOVEにてコラム掲載
NAILIST JOBで女性向け コラム掲載
働く堅実女子のお悩みサイトsuits-womanで妊活コラムを担当

≪取材実績≫
日本成人病予防協会 妊活ページ取材

≪ラジオ出演≫
インターネットラジオ fmGIG 「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」出演
インターネットラジオ fmGIG 「コトリカの輝くママきっぷ 」出演

講師・取材・執筆依頼は下記からお問い合わせください
お問い合わせ先